img_04

17.初心者FX投資家の注意点

FXで重要なことは、決済で利益を確定し、また損失を最低限に抑えることですが、FX初心者がよく陥る欠点として挙げられるのが、早めの損切り決済が出来ないことです。
例えば、ある通貨ペアを選んでFX取引をして、予想に反する為替レートトレンドに陥り、その時点で何万円かの含み損が出た場合では、その時点で決済すれば、その時点の損失で食い止められるのですが、この損失確定を恐れたり、自分の都合の良いように相場トレンドを解釈して損失が大きく膨らみ、証拠金維持率を下回って、強制決済されたり、無用の追証を預託する場合があります。
相場の流れは、誰にも正確に予想することは出来ないとも言えますが、ある一定レベルに達したら自己規制を働かせて、決済してしまう事がFX取引で損失を拡大させない1番の方法と言えます。
自分なりの基準を設定しておくと良いでしょう。
また、ここ決済を遅らす危険は、含み益が生じた時にも発生します。
例えば、ある通貨ペアに投資して、何万円かの含み益が出たとすると、このケースでは、更に自分の描いたトレンドに流れるのではないかと期待して、なかなか決済しない傾向があります。
何故なら、多少意に反する相場の動きが出ても、通貨の金利差に生じるスワップポイントでその時点の損失は相殺できると思うからです。
その結果、市場が期待に反した動きになると、折角獲得した利益が無くなることはもちろん、証拠金維持率低下の危険にまで進行することも良くあります。
「このトレンドはそう長く続かないので、また上昇する」といった期待は、単なる願望でしかありません。
FX取引である程度コンスタントに利益を獲得している投資家は、チャート等によるテクニカル分析や取引手法の習得を心掛け、新聞やニュース等の情報を用いたファンダメンタル分析を行っています。
このようなある程度科学的な分析に基づく投資判断でなければ、ある意味で投資とは言えないのです。
含み損が生じたら、思いきって決済して損失を確定し、また次の取引に参加すべきです。
また、スワップポイントでの相殺をお考えの方なら、通貨ペアの金利差を常に念頭に置き、頭の中で大まかなスワップポイントによる利益を計算しながら取引を進めるべきです。
FX取引の注文方法には、OCO注文やIFDOといった注文方法もあるので、これらの取引方法を理解して、損失が出た時に自動的に決済する、自分なりのセーフティネットを敷いておくことが重要です。